女性の発症例が多い下肢静脈瘤の治療方法に注目

治る病気へと進化

カウンセリング

女性に多く見られる関節リウマチは男性の患者さんもいらっしゃいますし、治らない病気ではなくなりました。関東方面では東京都世田谷区にリウマチ専門病院が多数存在しています。医師と治療方針を相談しながら治療を継続していきましょう。

Read More..

静脈瘤を治す

脚

下肢静脈瘤の治療ガイド

下肢静脈瘤の治療は色々な方法があるので自分が取り組んでみたい物を選びましょう。気になる人はこちらをチェック!

下肢静脈瘤は脚の静脈が異常に太くなり、コブ状となって肌の上に浮き出てしまう症状の事です。男性より女性に多く見られる病気です。身体の構造上、一般的には立ち仕事の人が発症しやすいと言われています。この他、高齢化や妊娠あるいは肥満によって発症リスクが高まります。近年では遺伝的な要因も指摘されています。下肢静脈瘤は大別すると四つのタイプに分ける事ができます。コブの大きさや形によって、伏在型と側枝型、クモの巣状型、網目状型と呼ばれています。最も多いのが伏在型の下肢静脈瘤で、大腿部の内側に良く見られます。次いで側枝型、網目状型、クモの巣状型と続いていきます。それぞれのタイプによって症状や治療法が若干異なります。

下肢静脈瘤の症状は、足がだるくなったり重くなったりして疲労感がたまる、コブの部分が熱を持って腫れる、痒みや痛みなどがあります。皮膚の色調異常や発疹、皮膚潰瘍が出る事もあります。とはいえ、下肢静脈瘤は命に危険があるような病気ではありません。仮に長期間放置したとしても、四肢切断などの事態に陥る事は絶対に有り得ないので安心してください。コブが出るだけで何の症状も出ない事も間々あります。人によっては積極的な治療を行わず、経過観察で様子を見る事もあります。下肢静脈瘤の治療法は多数あり、個別の症例に合わせた対応を取る事になります。代表的なのは圧迫療法と硬化療法、それに結紮術です。それに加えて近年は該当部位にレーザーを当てて治療するレーザー療法が主流となりつつあります。

聴神経に発生する腫瘍

シニア女性

聴覚神経に発生する腫瘍を聴神経腫瘍と言います。基本的には良性の腫瘍が多く、それほど重篤にならないケースもありますが、腫瘍が大きくなることで脳に悪影響をおよぼす場合もあります。耳鳴りの多発や難聴、知覚麻痺などが生じた場合には脳神経外科などで検査を受けましょう。

Read More..

がんの新しい治療法の1つ

手

樹状細胞療法とは、がん細胞を発見して目印をつけ、免疫細胞に知らせて攻撃するように命令するという樹状細胞の能力を利用した、がんの新しい治療法です。樹状細胞は、人間に備わっていて、使用するのは患者本人のものですから、体への負担が少ないのが特徴であり、その点において、がんの従来の治療法と大きく異なります。

Read More..