治る病気へと進化|女性の発症例が多い下肢静脈瘤の治療方法に注目

女性の発症例が多い下肢静脈瘤の治療方法に注目

治る病気へと進化

カウンセリング

昔のイメージとは違います

リウマチがお年寄りがかかる病気だと思われていたのは昔のことで、若い人でも発症するケースが見られるようになりました。ほとんどが関節リウマチとよばれるもので、「朝起きたときに手がこわばって動かしづらい。」とか「関節が腫れて痛む。」などといった症状が続く場合には病気が発症している可能性が高いので、すぐに病院を受診した方がよいでしょう。「関節リウマチは女性特有の病気で一生治らない。」というイメージが強い免疫疾患の病気でしたが、男性の患者さんも2割ほどいらっしゃいますし、現在は医療技術もすすみ治らない病気ではなくなりました。関東方面では東京都世田谷区にリウマチ専門の病院が多数存在していますから、気になる場合はすぐに診てもらいましょう。

遠方からいらっしゃる方も

リウマチの症状が現れたら、痛みや手のこわばりが続くことから日常生活に支障をきたしてしまう人もいらっしゃいますが、最近の治療法は腫れや痛みから解放し、骨や関節が壊れるのを防ぎ日常生活を取り戻すことを目標としています。世田谷にある病院でもほとんど治療法は同じで、薬剤投与をしながら経過観察をしていく方法です。リウマチ専門医に診てもらう方が最先端の医療を受けることができますし、それだけ治療効果もあがるので遠方からも世田谷の病院へ通院している患者さんも多くいらっしゃいます。世田谷区内にお住まいの方であればいつでも受診することが可能ですが、遠方からいらっしゃる患者さんには通院や薬剤投与の間隔を加味しながら治療方針を決めていくので医師と相談してみましょう。