がんの新しい治療法の1つ|女性の発症例が多い下肢静脈瘤の治療方法に注目

女性の発症例が多い下肢静脈瘤の治療方法に注目

がんの新しい治療法の1つ

手

がん細胞攻撃の司令塔

近年、従来とは異なる、がんの新しい治療法が確立し、注目を集めていますが、樹状細胞療法は、その中の1つに数えられる治療法です。樹状細胞療法とは、人間の体内に存在している免疫細胞の一種、樹状細胞の能力を利用した治療法です。では、樹状細胞の能力とは何かというと、がん細胞を発見して目印をつけ、免疫細胞に知らせて攻撃するように命令する能力です。人間の体内には、がん細胞を攻撃して死滅させてしまう能力を備えた免疫細胞が存在しています。ただ、その免疫細胞は攻撃のみを行う、言わば実行部隊でしかなく、命令がなければ機能しないのです。つまり、樹状細胞は、がん発症のメカニズムに深く関わっているのです。そのことを応用したのが樹状細胞療法ですから、がん治療に非常に有効なわけです。

体への負担が少ない

具体的に樹状細胞療法とは、どういった治療法なのかというと、まず、患者から採血をして、樹状細胞のもととなる細胞を取り出します。そして、樹状細胞に育て、尚且つ、がん細胞の目印を認識させ、再び患者の体内に戻すという治療法になります。体内に戻った樹状細胞は、がん細胞を攻撃する命令のみを発するという性質になっていますので、他の細胞にダメージを与えることはないのです。つまり、樹状細胞療法は体に負担のかからない治療法なのです。もっとも、手は加わっていますから、異変が生じる可能性はあります。しかし、その異変は発熱程度であり、それも一時的なものです。がんの従来の治療法は体への負担が問題となっていますが、その問題を樹状細胞療法は大幅に改善しています。その点においても治療の有効性同様に、大きな注目を集めています。