聴神経に発生する腫瘍|女性の発症例が多い下肢静脈瘤の治療方法に注目

女性の発症例が多い下肢静脈瘤の治療方法に注目

聴神経に発生する腫瘍

シニア女性

耳から得た情報を脳に送る蝸牛神経と、耳の中で平衡感覚をつかさどっている前庭神経の二種類の神経を総称して「聴神経」と呼びます。これら二種類の神経に発生する腫瘍を「聴神経腫瘍」と言います。聴神経腫瘍の多くが前庭神経より発生し、良性の場合が殆どとされています。聴神経腫瘍の発生により現れる主な症状が、めまいや耳鳴り、難聴などです。これらは発生した腫瘍が、周囲の神経を圧迫または破壊してしまう為に引き起こされる症状とされています。腫瘍がさらに肥大すると、顔面に痙攣や神経麻痺、知覚麻痺といった重篤な症状が現れることもあります。そして腫瘍が脳を圧迫してしまうと、意識障害や歩行障害が引き起こされます。耳鳴りやめまい程度の症状でも放置せずに、聴神経腫瘍を疑い早期に耳鼻咽喉科、または脳神経外科で検査を行うようにして下さい。

聴神経腫瘍の治療は、放射線療法と手術療法が基本となります。ただし聴神経腫瘍は殆どの場合が良性腫瘍の為、腫瘍が小さく症状が現れていない場合には「経過観察」が第一選択となります。聴神経腫瘍の経過観察は半年から1年置きほどに、MRIで撮影を行うのが一般的です。経過観察により腫瘍の肥大が確認されたり、めまいなどの症状が急に現れたという場合には、早期に放射線療法、手術療法どちらが専門医により選択されます。患者が他疾患を患っている、または高齢などの理由で、手術による負担が大きいと判断された場合に「放射線療法」が選択されます。ただし手術ほどの治療効果は望めないのが現状です。確実に腫瘍を摘出したい、または発見時に腫瘍が大き過ぎて、放射線療法では治癒が困難と判断された場合に「手術療法」は選択されます。